★★★★☆
ウォーキング・デッド(シーズン1-10)

常に海外ドラマシリーズでBest3に入っているゾンビ物?です。
自分はホラー系は観ないのですが、皆が面白いというので、今更ですがシーズン1よりレンタルしてきました!(1日3枚ペース。いやー面白い!)
リーダーのリック、一番人気はワイルドなダリル、日本刀を操るミショーンはブラックパンサーの女戦士オコエだ!(気が付かなかった!)、中盤に登場するニーガンは、スパナチのジョン・ウィンチェスター!キャロルは一番怖いかも!ゾンビ(ウォーカー)物だが、オドロオドロしていない、人間ドラマが中心なので面白い! シーズン11の制作も決定したそうです。

公式ホームページ
https://www.amc.com/shows/the-walking-dead

★★★☆☆
ジョーカー(2020年3月 DVD)122分

賛否両論の映画である。前評判は高かったんだけど・・・
バットマンのジョーカーなのだが、どうもキャラが一致しない。。。
作品としては初となる世界興行収入10億ドル(約1080億円)を突破したばかりか、2019年ヴェネチア国際映画祭では金獅子賞を受賞、アカデミー賞では最多11部門ノミネートという素晴らしい評価・・・。
ジョーカー役のホアキン・フェニックスは、本撮影のため24kgもダイエットしたらしい。

公式ホームページ
https://www.disney.co.jp/movie/maleficent2.html

★★★☆☆
マレフィセント2(2020年3月 DVD)118分

10月公開より遅ればせながらDVDで拝聴しました。(最近、映画館行かないなあ・・・)
言わずと知れた「眠りの森の美女」の悪役、マレフィセントを美化?した物語。
真実の愛をテーマとしたファンタジーな作品です。主役のアンジェリーナジョリーは存在感が半端ない!オーロラ姫の声は上戸彩です!3人の妖精は福田彩乃がやっている(笑)!妖精を破壊する粉がヤバいです。
アルステッドの国王妃(イングリス)。妖精を憎み、マレフィセントを心から毛嫌いしている。演じるのは、『危険な関係』『ヘアスプレー』などに出演する名女優ミシェル・ファイファー。63歳にしては綺麗すぎる。

公式ホームページ
https://www.disney.co.jp/movie/maleficent2.html

★★★☆☆
ジェミニマン(2020年3月 DVD)117分

ついに映画もここまで来たか?CG素晴らしいです。違和感なし!!
自分のクローンに命を狙われるという設定です。ジェミニは「ふたご座」という事。
CGとは思えないアクション映像です。ウィル・スミスのそっくりさんでも連れてきたのかと思いましたが、これがCGとは驚きです。途中で仮面をかぶった新たな敵が・・・でも、誰なのか先が見えてしまっていてつまらない。オチも大学生かい!というところでエンディングです。ヒロインの声優を菅野美穂が演じていますが、これもイマイチ・・・。という事で★は3つまでです。

公式ホームページ
https://geminiman.jp/

★★★★☆
スターウォーズ9(スカイウォーカーの夜明け)
 (2020年1月 映画館)142分

ついに!歴史的な超大作が終演となりました(残念!)
ジョージ・ルーカスが黒澤明監督から受けた影響は計り知れず、この巨匠に対する敬意は本作の中にも多く見てとれる。C-3POとR2-D2のキャラクターが、『隠し砦の三悪人』に登場する百姓コンビ、太平と又七をモデルにしているのは有名な裏話。また、ジェダイという言葉は、黒澤が多く手がけた”時代劇”をもじって付けられたと言われている。なんとなく和服のような衣装も日本人には好感がもてますね。レイとカイロレンのキスシーンは不要だったのでは・・・と感じる(無駄な演出したね)彼女がまさかアイツの家系だったとは!フォースが強いのもあたりまえか!!

公式ホームページ
https://starwars.disney.co.jp/movie/skywalker.html
★★★★☆
ターミネーター ニューフェイト
 (2019年11月 映画館)128分

ターミネーターシリーズの6作目です。28年ぶりにサラコナーを演じるリンダハミルトンは63歳とは思えない鍛えた体をしています。元夫はジェームズ・キャメロンですからねー。(1999年離婚)
今回の最新型ターミネーター(REV9)は2分割します。なんか黒いのも特徴ですね。別れた側のロボットは人間に変形できないみたい。カーテン屋さんのカールオジサンはないだろう・・・女の子の部屋のカーテンオーダーに付いて熱く語るカールは面白い!
グレースは魅力的だ!すっかり(マッケンジーディビス)のファンになった。他に何の作品に出ているのだろう?と調べたらマッドデーモンの「オデッセイ」に出ていた!>火星に取り残されたことを発見するNASAのスタッフ役だ!
★★★☆☆
メン・イン・ブラック:インターナショナル
 (2019年10月 DVD)115分

MIBシリーズの第4弾です。キャストが全変更となり、旧作のウィル・スミスとトミーリージョンズの印象が強かっただけに物足りなさを感じます。
敏腕だがいいかげんなHとエリート新人Mのコンビが、地球に迫る危機に挑む。監督は『ストレイト・アウタ・コンプトン』などのF・ゲイリー・グレイ。HとMを、『アベンジャーズ』シリーズなどのソー役でおなじみのクリス・ヘムズワース、『クリード』シリーズなどのテッサ・トンプソンが演じます。
個人的には歩兵エイリアン「ポーニー」が日本でブレイクしてグッズが出まくるのでは?と考えたがそれほどでもなかったようだ・・・
日本語吹替版では、お笑いコンビ「トレンディエンジェル」の斎藤司氏が担当。
例によって車や電車が変形してぶっ飛んでいるので、好きな人は好きかもしれません。
★★★☆☆
アラジン (2019年10月 DVD)

放映前の予告より映画館で見る予定だったのですが、タイミングを逃してしまいDVDで観ました。
誰もがアニメ版の映像を一度は観たことがあるのでは?ものすごく忠実に作られているので物足りなさは否めないです。
ウィル・スミスのジーニーはホントにハマリ役ですね!なんと監督はガイリッチーです(2000年にマドンナと結婚していた人です。2009年に離婚していますけど・・・)
ヒロインのジャスミンを演じたナオミスコットは、あのパワーレンジャー(日本のジュウレンジャーの戦隊ものの海外版でキンバリー(ピンク)をやっていた女優です。ちょっとミュージカルっぽい内容でしたが、冒頭からオチでのスタートで安心して観ることができます。さすがディズニー映画!!


★★★☆☆
レプリカズ (2019年10月 DVD)

突然の事故 で家族 4人を失ってしまい、科学者ウィリアム・フォスター(キアヌ・リーブス)はタブーを犯す決断をする。彼は家族の身体をクローン化し、意識を移し替え、完璧なレプリカとして甦らせることに成功し たのだ・・・。
元はと言えばキアヌが起こした交通事故が原因なのに、末っ子が復活?友人は殺されちゃうけど・・・、最終的に敵は味方に・・・。というハチャメチャストーリーです。でも、キアヌ・リーブスファンは観ておかなくっちゃねー。
B級感満載の映画なのだが未来的には無きにしも非ず!という内容です。所詮は大金持ちのみが長寿を得て再生を繰り返すということなのかも知れないなあー。
監督は「デイ・アフタートゥマロー」のジェフリーナックマノフですー。

★★★☆☆
TOYストーリー4 (2019年8月 映画館)

歴代シリーズを観ていないと映画館には足を運ばないためか?劇場は比較的に空いていました。
新キャラクターであるデューク・カブーン。実在するカナダ人スタントマンがモデルとなっている人形で、バイクとセットのおもちゃです。 彼の声を担当するのは「マトリックス」シリーズや「ジョン・ウィック」シリーズなど、数々の大ヒット作に出演しているキアヌ・リーブスで驚き!
主人公のウッディーの声はトム・ハンクス(吹き替えは唐沢寿明)ですから、なかなかの豪華な声優陣ですね。
ランプスタンドの飾り人形だったボー・ピープは本編では自由に生きるアクティブな女性でパンツスタイルです。(非常に魅力的だなあ)
ラストシーンはショックですが、ボーと生きていく事を選んだウッディーと送り出すバズに感動だ!
★★★☆☆
キャプテン・マーベル(2019年7月~):DVD

1968年に誕生した女性ヒーロー、キャプテン・マーベルが初の実写化。後のアベンジャーズ計画の原点とも言うべき映画です。キャプテン・マーベルの力は非常に強く、空を飛べたり、第7感により未来を予知する能力を持っています。また、人間とクリー人の遺伝子が完全に融合しており、毒物に強いという特徴もあります。
さらに、ホワイトロールと呼ばれるエネルギーを利用し、重力を自由に操ったり、光速で移動したり、星の力を使ったり、宇宙の真空状態の中でも生きることができます。
ストーリーは記憶のないクリー人の戦士ヴァースが敵対する変身種族「スクラル」に記憶を読み解かれるところから始まる。ヴァースの記憶によるとスクラルの求めているテクノロジーは地球にあることが判明。スクラルはそのテクノロジーを求めて地球へ、そしてヴァースもスクラルを追い地球へ。徐々にヴァースの記憶が取り戻され、かつては自分が地球人だったこと、そしてクリー人になった衝撃的な理由などが明かされていきます。

★★★★☆
KRYPTON(2019年4月~):DVD(シーズン1)

「クリプトン」は、スーパーマンの故郷、惑星クリプトンが滅亡する200年前の、スーパーマンの祖父セグ=エル(キャメロン・カフ)が、自らの星を守り、未来の孫を無事に誕生させるために生死をかけて戦う物語だの物語です。
クリプトン星では、独裁的な権力者によって世界が乱れる中、エル家は市民権を剥奪されていた。家族の名誉を取り戻し愛する人々を守るために、セグは地球からやって来たタイムトラベラー、アダム・ストレンジ(ショーン・サイポス)と共に戦う。彼はまた、スーパーヴィラン、”ブレイニアック”(ブレイク・リットソン)から最後のクリプトン星人の未来を守るという使命も担う。ZOTの家系やエル家との関係など、スーパーマンファンにはたまらない。地球からやってきたアダムの行方も興味がある。今後も彼がKEYになることは間違いないぞ!はやくシーズン2が出ないかなあー。

★★★☆☆
ヴェノム(2019年3月):DVD


とにかくグロイです。人間食べちゃいますからー。『PG12指定』になっているのもうなづけますね。
スパイダーマン3の適役に出てきたヴェノムですが、この映画にスパイダーマンは登場しません。なかなか人間味のあるところもあり、好感をもてるシーンもあります。
エディを演じたトムハーディは「マッドマックス」が有名ですが、スターウォーズ(最後のジェダイ)ではストームトルーパーとしても出ていました。(知らん・・・)
費用不足のためか?とにかく展開が雑です。中盤のバイクチェイスシーンはいらないから細かく描写してほしかった・・・。

日本語版のオフィシャルサイト
http://www.venom-movie.jp/

★★★★★ ついに星5つ出ました!
アクアマン(2019年2月):映画館
(150分)

アトランティスの王女(ニコールキッドマン)と人間の間に生まれたアクアマンです。幼少期のカットが少なくて残念ですが、ある日覚醒して正義のヒーローになります。アクアマン役のジェイソンモモアはゲームオブスローンズのカールドロゴです。世界のイケメンランキングで22位だそうで・・微妙。実生活での彼の奥さん(リサ・ボネット)は12歳も年上です。
敵側の参謀役にはスパイダーマンのゴブリン役のウィレムデフォーが、なぜかチョンマゲで登場。味方なのに寝返るんじゃないかと期待してしまう・・。
マイティーソーとなんとなくかぶっていると感じるのは私だけ・・?
敵に逆恨みされて続編でももめそうですが、映像が綺麗で、150分の上映時間も短く感じる面白さ!これはぜひ映画館の大スクリーンで観てほしい。
日本語版の公式サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/aquaman/

★★★☆☆
MEG ザ・モンスター(2019年1月9日):DVD


太古に絶滅した巨大ザメ(MEG:メガロドン)海底探査船が海層を突き抜けた際に一緒に抜け出てきてしまい、海水浴客で賑わうビーチに近づく。ジョーズシリーズのような展開を期待していたのだが終始、寸止め!
小型の潜水ポッドがカッコいい!(欲しいぞ!)トランスポーターでお馴染みのジェイソン・ステイサムは今回もいい役だなあ。
そう言えば彼は元飛込みのイギリス代表選手だったそうで、引退してからモデル業を経て俳優になったそうです。「トランスポーター」が初主演なので、かなりの遅咲き俳優ですね-。ヒロインのリービンビンは、なんと実年齢は46歳ですが、どう見ても30代にしか見えないぞ!この2人の微妙なラブラブ感は賛否両論!ヒーローズのマシ・オカも出ていてキャストは何となく豪華です。

日本語版の公式サイト
https://warnerbros.co.jp/movie/megthemonster/
このページの一番上に戻る