★★★☆☆
TOYストーリー4 (2019年8月 映画館)

歴代シリーズを観ていないと映画館には足を運ばないためか?劇場は比較的に空いていました。
腹話術人形のベンソンは怖すぎ!!映画館で子供が泣いてました!
新キャラクターであるデューク・カブーン。実在するカナダ人スタントマンがモデルとなっている人形で、バイクとセットのおもちゃです。 彼の声を担当するのは「マトリックス」シリーズや「ジョン・ウィック」シリーズなど、数々の大ヒット作に出演しているキアヌ・リーブスで驚き!
主人公のウッディーの声はトム・ハンクス(吹き替えは唐沢寿明)ですから、なかなかの豪華な声優陣ですね。
ランプスタンドの飾り人形だったボー・ピープは本編では自由に生きるアクティブな女性でパンツスタイルです。(非常に魅力的だなあ)
ラストシーンはショックですが、ボーと生きていく事を選んだウッディーと送り出すバズに感動だ!
★★★☆☆
キャプテン・マーベル(2019年7月〜):DVD

1968年に誕生した女性ヒーロー、キャプテン・マーベルが初の実写化。後のアベンジャーズ計画の原点とも言うべき映画です。キャプテン・マーベルの力は非常に強く、空を飛べたり、第7感により未来を予知する能力を持っています。また、人間とクリー人の遺伝子が完全に融合しており、毒物に強いという特徴もあります。
さらに、ホワイトロールと呼ばれるエネルギーを利用し、重力を自由に操ったり、光速で移動したり、星の力を使ったり、宇宙の真空状態の中でも生きることができます。
ストーリーは記憶のないクリー人の戦士ヴァースが敵対する変身種族「スクラル」に記憶を読み解かれるところから始まる。ヴァースの記憶によるとスクラルの求めているテクノロジーは地球にあることが判明。スクラルはそのテクノロジーを求めて地球へ、そしてヴァースもスクラルを追い地球へ。徐々にヴァースの記憶が取り戻され、かつては自分が地球人だったこと、そしてクリー人になった衝撃的な理由などが明かされていきます。

★★★★☆
KRYPTON(2019年4月〜):DVD(シーズン1)

「クリプトン」は、スーパーマンの故郷、惑星クリプトンが滅亡する200年前の、スーパーマンの祖父セグ=エル(キャメロン・カフ)が、自らの星を守り、未来の孫を無事に誕生させるために生死をかけて戦う物語だの物語です。
クリプトン星では、独裁的な権力者によって世界が乱れる中、エル家は市民権を剥奪されていた。家族の名誉を取り戻し愛する人々を守るために、セグは地球からやって来たタイムトラベラー、アダム・ストレンジ(ショーン・サイポス)と共に戦う。彼はまた、スーパーヴィラン、”ブレイニアック”(ブレイク・リットソン)から最後のクリプトン星人の未来を守るという使命も担う。ZOTの家系やエル家との関係など、スーパーマンファンにはたまらない。地球からやってきたアダムの行方も興味がある。今後も彼がKEYになることは間違いないぞ!はやくシーズン2が出ないかなあー。

★★★☆☆
ヴェノム(2019年3月):DVD


とにかくグロイです。人間食べちゃいますからー。『PG12指定』になっているのもうなづけますね。
スパイダーマン3の適役に出てきたヴェノムですが、この映画にスパイダーマンは登場しません。なかなか人間味のあるところもあり、好感をもてるシーンもあります。
とにかく主人公(エディ)が大好きなんだなあ、彼に寄生し続けたいんだなあ。
エディを演じたトムハーディは「マッドマックス」が有名ですが、スターウォーズ(最後のジェダイ)ではストームトルーパーとしても出ていました。(知らん・・・)
費用不足のためか?とにかく展開が雑です。中盤のバイクチェイスシーンはいらないから細かく描写してほしかった・・・。最後のもう一体(ネタバレ)との格闘シーンも短すぎて興覚め・・・。エディーとヴェノムの心境の変化も伝わらないまま、どんどんストーリーが進みます。まあ面白いけど星は3つまで!
日本語版のオフィシャルサイト
http://www.venom-movie.jp/

★★★★★ ついに星5つ出ました!
アクアマン(2019年2月):映画館
(150分)

アトランティスの王女(ニコールキッドマン)と人間の間に生まれたアクアマンです。幼少期のカットが少なくて残念ですが、ある日覚醒して正義のヒーローになります。アクアマン役のジェイソンモモアはゲームオブスローンズのカールドロゴです。世界のイケメンランキングで22位だそうで・・微妙。実生活での彼の奥さん(リサ・ボネット)は12歳も年上です。
敵側の参謀役にはスパイダーマンのゴブリン役のウィレムデフォーが、なぜかチョンマゲで登場。味方なのに寝返るんじゃないかと期待してしまう・・。
マイティーソーとなんとなくかぶっていると感じるのは私だけ・・?
敵に逆恨みされて続編でももめそうですが、映像が綺麗で、150分の上映時間も短く感じる面白さ!これはぜひ映画館の大スクリーンで観てほしい。
日本語版の公式サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/aquaman/

★★★☆☆
MEG ザ・モンスター(2019年1月9日):DVD


太古に絶滅した巨大ザメ(MEG:メガロドン)海底探査船が海層を突き抜けた際に一緒に抜け出てきてしまい、海水浴客で賑わうビーチに近づく。ジョーズシリーズのような展開を期待していたのだが終始、寸止め!
小型の潜水ポッドがカッコいい!(欲しいぞ!)トランスポーターでお馴染みのジェイソン・ステイサムは今回もいい役だなあ。
そう言えば彼は元飛込みのイギリス代表選手だったそうで、引退してからモデル業を経て俳優になったそうです。「トランスポーター」が初主演なので、かなりの遅咲き俳優ですね−。ヒロインのリービンビンは、なんと実年齢は46歳ですが、どう見ても30代にしか見えないぞ!この2人の微妙なラブラブ感は賛否両論!ヒーローズのマシ・オカも出ていてキャストは何となく豪華です。
日本語版の公式サイト
https://warnerbros.co.jp/movie/megthemonster/
★★★★☆
BLACKLIST1〜5(2013年〜):DVD


世界中の犯罪者で知らない人はいないという国際指名手配犯のレイモンド・レディントンが突然、FBIに出頭して犯罪者の情報提供を行う。
それには重要な秘密があり、彼の周りの優秀な人材がいなくては成立しない事件ばかり・・・。クールな男でスーツと帽子が似合う、裏切りには死を!というポリシーは変えない。
彼の片腕のミスターキャプラン(おばちゃん)との決別。ボディーガードで絶対の信頼をおくデンベは、中盤のストーリーでも重要な役割を担っている。(デンベ役を演じるヒシャム・タウフィークは元ニューヨークの消防士だったらしい)
最新(シーズン5)ではとんでもないオチが待っている、次回のDVDレンタルを待ちきれない!!
日本語版の公式サイト
http://www.superdramatv.com/line/blacklist/
★★★☆☆
ダウンサイズ(2018年):DVD


180cmの人間を13cmにまで小さくする技術がノルウェーで発明され主人公のマッド・デーモン演じるポールの新人生を感じるものです。
なんと財産が82倍になり、家も豪邸に住めます!しかし、無理やり小さくされた人々がいるスラム街があることを知りそこで知り合った義足の女性と生活を共にしていきます。
この女性(ノクラン)を演じたのがベトナムの女優(ホン・チャウ)です。後にゴールデングローブ(助演女優賞)にもノミネートされただけあり、味のある演技でしたー。
小さくなる工程が電子レンジでチン!なので面白いです。
小人の街も、環境が整っていて住みたくなる人もいるのでは?
しかし、オチがイマイチで、結局人類は??のような展開でEND。
とりあえずマッド・デイモンファンは観ておきましょう!

★★★★☆
SCORPION/スコーピオン(2014年〜)DVD

アメリカのTVドラマシリーズです。シーズン4まで出てますが,、なんとここで打ち切りが決まってしまいました(残念!)。
IQ170オーバーの天才集団が難事件を解決します。
主人公のウォルターはIQ197ですが、実在の人物らしい。。
ケイブ・ガロ役のロバートパトリックは、ターミネーター2で水銀みたいな敵を演じた役者だ。本編でも実に良い役を演じていてストーリーを引き立たせている。みんなにケイブと呼ばれているので私は「警部ガロ」なのだと思っていた。>実は国土安全保障省の捜査官!
オタクのような役柄のシルヴェスターは愛すべきキャラクターだ。
何気に彼の数学者としての能力がKEYとなる事が多い。
日本語版の公式サイト
http://www.superdramatv.com/line/scorpion/

★★★★☆
ファンタスティックビースト

 黒い魔法使いの誕生(2018年11月)映画館


ハリーポッターシリーズのスピンオフ作品です。5作まであるらしい。なので、ハリーポッター全作と、本1作目を観てから観てくださいね。2では、ダンブルドアは一体、何歳なんだ?と思うこと間違いなし!若き日のダンブルドアをジュードロウが演じています。実にシブイ!
1作目でも好感度No1のジェイコブは、2作目でも活躍します。どこかで観た役者だと思ったら、エマワトソンの「美女と野獣」に出てた。
映像が綺麗で、ストーリーが巧み、134分の上映も短く感じる。
クイニー役の(アリソン・スドル)はなんてチャーミングなんだ(好きだぁ)しかし、ラストシーンでは・・・そっちにいっちゃダメ!ネタバレになるので、どの部分も触れませんが、ぜひ観ていただきたい。
日本語版の公式サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/fantasticbeasts/
★★★★☆
ハン・ソロ 
スターウォーズストーリ(2018年6月)
映画館


若き日のソロとチューバッカの物語です。チューバッカは全く変わりませんが、この時で190歳だそうです。オールデン・エアエンライク演じるソロもピッタリですなあー
惑星コレリアでハンと育った幼馴染のキーラは、実に知的だあー。野心的で後続のストーリーでのKEYになること間違いなし!演じたエミリアクラークは、イギリスの女優です。ターミネーター(新起動ジェニシス)のサラ・コナー役もよかった!愛機ミレニアムファルコン号とどのようにして出会ったのかも
これを観ればわかります。
女性型の新ドロイド(L3-37)や、ダースモールも出てきます。
上映時間は134分もあります。さすがに尻が痛くなったー。でもスターウォーズシリーズにハズレなし。
★★★★☆
ヴァレリアン 
千の惑星の救世主(2018年3月)
映画館


映像が綺麗です、さすがフィフスエレメントのリックベンソン監督だ!子供向けのストーリーですが、安心して観ることができます。古いSFコミックを映画化したものですが、映像が複雑で実現できないと言われてきたものです。特殊効果ハンパないー原作は(ヴァレリアンとローレリーヌ)なんですが、邦題では半分に・・・(笑)
先にアメリカや中国でやっていて、日本には遅れてきました。
七変化の宇宙人(バブル)の日本語訳をゆりやんレトリバーがやってます。
パール星人やばくない?!あの真珠、1個でいいからくれ!て言うかコンバーターが一匹いたら、複製しまくりじゃー。
日本語版の公式サイト
http://www.valerian.jp/
このページの一番上に戻る