プジョー3008 プレミアム
諸元〕
 排気量:1598cc 最高出力:156ps
 駆動方式:FF 直列4気筒DOHCターボ 6速AT
 スケール:4365mm×1835mm×1635mm 重量:1470kg
 乗車定員:5名 燃費:10km-12km/L
ne

13台目もプジョーです!初のカラー(赤)3000ccから1600ccへの乗り換えでパワー不足を心配しましたがターボ付きなので、そこそこパワーもあり、燃費も2倍になったので満足しています。
〔現在〕
⑬プジョー3008


コンパクトなエンジンルームの中に1600ccターボが収まっています。
手が差し込めないほど狭いが、パワーはなかなかの物です。
急な坂道もスイスイと登ります。
助手席側にサイドブレーキのように付いているバーが印象的です。
もう運転席と助手席の行き来はできません。
分厚いセンターコンソールが高級感を増します。
路面の状態に合わせてグリップを変えられるコントロールスイッチも
装備されています。(使わないけど・・・)

407と比べても狭さを感じません。
今では当たり前のドリンクフォルダーも407には付いていなかったので
ちょっと嬉しいかも!!
ドアミラーのとこの三角窓は、視界を良好にします。
ココがつぶれているのと、ガラスなのかでは、各段に違います。
さすがプジョーというところでしょうか・・・。
本純正NAVIはストラーダが付いています。
フルセグTVとバックカメラも付いていてなかなかの品です。
NAVI音声も407に比べてよい感じの女性の声になりました。
操作性も良く、気に行っています。
純正ETCは、右側の小物入れに鎮座しています。
ここにETCを付けるための穴と言っても過言ではないでしょう?
扱いやすいです。さすがプジョーはよく考えている!
ステアリングは407と全く同じです。
3本スポークは操作性が良く、革巻きステアリングは手にフィットするので
持ちやすくて気にいっています。
シートはファブリックとなり407の本革シートに比べるとフォールド感が
落ちますが、ヘッドの空間があるため、狭さを感じません。
車高が163cmもありますので、407にくらべ12cmも高いです。
後部座席も狭さを感じません。リクライニングはできませんが、
センターアームの裏にドリンクホルダーも装備されていてトランクと
貫通できますので、長物の荷物も載せることができます。
オーダーメイドのフロアマットです。
407SWの時も付けていましたが、さすがのジャストサイズで厚みがあり気に行っています。
赤と黒のチェックのデザインは少々派手だったかもしれません・・・
プジョー407SW 3000スポーツ
諸元〕
 排気量:2946cc 最高出力:210ps
 駆動方式:FF V6 DOHC 6速AT
 スケール:4775mm×1840mm×1510mm 重量:1720kg
 乗車定員:5名 燃費:5km-7km/L
ne

なんと歴代12台目で初のフランス車!ロングノーズで信号待ちでは視線を感じます。良質の本革シートとガラスルーフが自慢でした!
⑫プジョー 407SW

日本では、あまり見ない407ですが、映画「TAXI4 ダイヤモンドミッション」での主人公の車がプジョー407のセダン(白)です。
外車特有の固さはなく、「猫足」と呼ばれるソフトさは、日本車に近いです。

参考YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=ZaaqTDbhYZc
⑪スバル レガシーB4

カラー:ブラック
磨けば鏡のように周りの景色を映しこみます。大きなヘッドライトとロングノーズがカッコいい!!
コーナー部のメッキバンパーも好き!
⑩日産 リバティ

407を買おうと思ったのが、このガラスルーフです。
天井部の80%以上がガラスの電動ルーフとなっていて、これで花火を見たら最高だろう!と思ったのがきっかけでした。)
解放感100%ですが、夏場は閉めておかないと車内温度が急上昇します。
⑨日産 プリメーラSW

型式:ABA-D2BRV
V型6気筒DOHCです。

夏場は、なんかエンジン音がうるさいです。
210Psなので、坂道も楽々で登ります。

ボンネットは、高級車なのにダンパーではなく鉄棒でささえます。
⑧VW パサートSW

本革張りのシートは座りごこちが良いです。

素材は良質で、さすがに高級バックを生んだフランス!少し硬めのフィット感で、助手席は広いですが、後部座席は足元が狭いかなー。
足元にはエアコンの吹き出し口も付いていて、なかなかの装備。
⑦日産 ラフィート

荷室の後部シートはフラットになりません。自転車やTV台なども積載できますので、よほどの大荷物を積まない限り、充分です。

最近では、無くなった予備タイヤもここに収まっています。同じサイズ(緊急タイヤではない)ので、これだけで車重を上げているなあ。
左パネルに電装部配線があり、右パネルにはカーナビ本体機器が収まっています。
⑥三菱 ディアマンテ

タイヤは、225/40/ZR18

ヤフオクでホイールセットで5万円で購入しました。
もとの純正タイヤ&ホイールを2万円で売却、差額3万円なので満足しています。やはり扁平率40は、スタイルが締まります。
⑤HONDA アスコット

3.0スポーツだけに装備されたホワイトメーターです。
電飾が赤なので、夜間は映えます!
スピードメーターは、250kmまであり、シルバーリングがスタイリッシュで好きです!
④HONDA シティ

3本スポークのステアリングは操作しやすいです。
革巻きで手にフィットします。センターにはライオンがいます。クラクションも低音の良い音。(国産車にもこんな音にすればよいのに!)

なんとジュースのカップフォルダーがありません。
エアコンのルーバーには付けたくないので。。。
我慢。
③ユーノス500

シート調節は、電動です。登録ボタンも2個ありますので、これは便利です。
(疲れた時にレバーでバカっと座席を倒せないのが難点です。)


3段階調整のヒーターも付いていて、冬場は暖かいです。なんと、これらの装備が運転席だけではなく、助手席にも装備されているところは、さすが高級車です。
➁ユーノス100

リアは小さなワイパーが付いています。
純正マフラーは背後からは見えません。
テールランプは好きな形です。四角いフォグランプはメチャ明るいのでトンネル等で点灯していると後ろの車に迷惑かも!
①HONDA シティ

オーダーメイドのフロアマット


①ヘッドライト用
VERTEX ナノメタルライティングクリアセットプラス 3780円

驚きました!!ヘッドライトの汚れが、ドロドロと流れ出てきます。
ふき取ったタオルが茶色に変色してしまいました!
スプレーするだけでピカピカになります。
送料を入れると4000円以上になりますが、絶対にお勧め!


私はメルカリから購入しましたが、楽天でも売っています。
市販の商品とは全く異なります。1本で5-6回は使えそうです。
②車体ボディ用
激艶 B-555(200mlx2本)
爆艶 K-33 (100mlx1本)   セット  2980円

東京モーターショウのスーパーカーのような艶になります。
B-555の方は水みたいですが、塗り込むごとに被膜ができます。
K-33の方が効果があるようです。

下地にB-555を使用して、仕上げにK-33を使うとよいです。
>説明書にもそう書いてありました・・・・
このページの一番上に戻る